ウルムチ

 西安からウルムチへ行く途中の上空から下界を望む

 延々と続く山脈

 ヒコウルートからすると、タクラマカン砂漠の北の方角にあたる。

 

 禿山のよう

 ところどころに雪をかぶった山がつらなる

 多分、祁連(きれん)山脈であろう。高さが、4・5000mもあろうか。

 この白い雪がオアシスを潤す。

 ビジネスクラスのご満悦

 これも飛行機の故障のおまけ

 足元もゆったりとしている

 記念品もついていた

 ウルムチでの夕食中にショーを見せてくれる

 かわいい女の子の曲芸

 ウイグル族の少女

 足に火のついたろうそくをのせて、回転する

 本日のメニュー

 野菜の炒め物がおおい

 ホテルの外では、白い煙をもうもうと立ち上げて、シシカバブを焼いている。